原創翻譯:龍騰網 http://www.268043.live 翻譯:田園小菜 轉載請注明出處



國防部によると、2026年韓國國防予算は71兆2000億ウォンを上回り、日本の防衛予算69兆6000億ウォンより2%程度多くなるという予想が出ている。これは現在の國防予算増加率を維持するという仮定にともなう計算だ。今年2020年の韓國國防予算は50兆1527億ウォン(約4兆7000億円)、日本の防衛予算は5兆3222億円だ。

根據國防部報告,2026年韓國國防預算將超71萬2000億韓元,預計高于日本防衛預算的69萬6000億約2%,這是在現有國防預算增加率下得出的計算。而今年2020年韓國國防預算為50萬1527億韓元(約4萬7000億日元),日本的防衛預算為5萬3222億元。





年間50兆ウォン規模を支出する國防費はどこに使われるのだろうか。2020年國防予算の項目を調べた。兵器を取得する「防衛力改善費」は全體國防予算の中で33.3%を占めている。先端兵器の導入が増加することで防衛力改善費の割合は2006年25.8%から2020年33.3%に多くなった。

每年高達50萬億韓元規模的國防支出到底出自哪里,據2020年國防預算調查,購買新兵器的「防衛提高費」就占全國防預算的33.3%,這筆先進武器購置費是自2006年的25.8%到2020年的33.3%持續增長而來的。

中央日報日本語版